2023.7.24Q
  猫を棄てる

村上春樹著

お父さんの事を書いたエッセイです。その中で 

ー僕が父から聞いた話では、彼は一人の上官のおかげで命を助けられたということだった。当時上等兵であった父はある上官に呼ばれ、「君は京都帝国大学で学ぶ身であり、兵隊であるよりは、学問に励んだ方がお国のためにもなるだろう」と言われ、軍務から外されたということだ。そんなことが一人の上官の裁量でできるものかどうか、僕にはよくわからない。ー

ー11月30日に父は招集解除になって、実に真珠湾奇襲攻撃の8日前であり、開戦の後であればそのような寛大なことはあり得なかっただろう。

当然激戦地へ行くわけだから、帰っては来なかった私も生まれていなかった。ー

というようなことが書いてあった。猫の話から軍隊の話までお父さんの話が書かれていた。

#クッキングこめぞう(^_-)-☆

#クッキングこめぞうの井戸端日記